トップイメージ
スポーツをしている人は健康的なイメージがあります。 しかし、最近では過度のスポーツというのは逆に不健康であり、健康的な生活をしたいのならば強度のスポーツは行わない方が良いと言われています。 では、適度なスポーツというのは、どれぐらいの物を言うのでしょうか。 一般人が行う適度なスポーツというと、ウォーキングやジョギング、ランニングあたりが一般的でしょう。 これらは有酸素運動であり、心肺機能を高め足腰を鍛え、確かに健康に良さそうです。 しかし、この中にも健康を害するスポーツがあります。 それがどれかというと、ランニングです。 ジョギングとランニングの違いというのは、走りながら喋る余裕の有無と言われています。 喋る余裕も無い程に心肺機能を酷使して行う運動というのは、健康に悪いのだそうです。 そのため、サッカーやバスケットといった激しく動くスポーツというのも体に悪いとされています。 適度な運動は意外と軽めの物ですから、健康を維持するつもりで健康を害することのないようにしっかりとスポーツを選びましょう。

リンク

Copyright © 1998 www.falsettascasanova.com All Rights Reserved.